正恩氏妹、平昌五輪に合わせ訪韓へ

02/08 06:10
平昌(ピョンチャン)オリンピックの開会が、9日に迫った。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)氏が9日、韓国を訪問することが決まり、韓国政府は、「朝鮮半島の緊張を緩和しようとする、北朝鮮の意思が含まれている」と歓迎している。
金与正氏は、オリンピックの開幕式に参加する北朝鮮の高官級代表団の一員として、韓国を訪問する。
与正氏は、兄である金委員長の信頼が厚いとされ、文在寅(ムン・ジェイン)大統領や、8日に韓国入りするアメリカのペンス副大統領との会談が実現するのかも注目される。
一方、韓国政府は7日夜、北朝鮮から韓国に入った応援団などを招いた、歓迎晩さん会を行った。
晩さん会では、南北の出席者がお互いに自己紹介を交わすなど、和やかな雰囲気を演出した。
8日夜には、北朝鮮の三池淵(サムジヨン)管弦楽団が、江陵(カンヌン)のスケート競技会場の近くで公演を行うなど、オリンピック開幕に向けて、南北融和のムードを高めるための試みが続く。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース