台湾地震 発生時の様子は...

02/08 06:18
6日深夜に台湾東部で起きた地震で、倒れかけたマンションから救出された日本人夫婦が、発生時の恐ろしさを話した。
台湾・花蓮県の大久保 忠雄さん(74)と淑■(■は王へんに民)さん(64)の自宅マンションは大きく傾き、2人は数時間後に、7階の窓から助け出された。
淑■さんは「2人でテレビを見ていて、ボンと爆発して、何かわからなかった」と話した。
2人とも腰などを強く打ったため、病院で手当を受けている。
マンションは、今も巨大な鉄骨で建物を支えながら、徹夜で行方不明者の捜索が続けられている。
周囲はすっかり暗くなったが、作業用のライトがたかれ、数百人規模での捜索活動が続けられていた。
地震では、これまでに7人が死亡、260人がけがをしたほか、まだ67人と連絡が取れていない。
現地では、7日夜も断続的に揺れが続いていて、救助作業は予断を許さない状況になっている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース