大塚民進代表が野党再結集期待

02/08 22:54
民進党の大塚代表は8日、希望の党の松沢参院議員団代表が執行部に党を分ける「分党」を正式に申し入れたことについて、野党の再結集が進むきっかけになることへの期待感を示唆した。
民進党・大塚代表は「希望の党の動きが、友党との連携のハードルを低くするような方向に寄与するなら、状況をよく見極めたい」と述べ、民進党と希望の党が、統一会派結成に向けた交渉をした際、強硬に反発していた松沢氏らが分党することで、野党の再結集が進むことへの期待感をにじませた。
一方、民進党幹部からは、衆院選挙の際にいわゆる「排除」を推進した細野議員が分党メンバーに含まれていないことを念頭に、「『けじめ』ということにはならないのではないか」との声も上がっている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース