レジェンド葛西紀明、8回目の五輪

02/09 00:50
9日の平昌(ピョンチャン)オリンピック開幕に先駆けて、8日からすでに競技がスタートした。
日本の初陣を飾ったのは、あの「レジェンド」。
オリンピック史上最多、8度目の大舞台に挑む葛西紀明選手(45)。
スキー・ジャンプ男子ノーマルヒル予選に、日本人4選手が挑んだ。
葛西選手の平昌最初のジャンプ。
テレマークもしっかり決めて、K点ちょうどの98メートル。
このレジェンドのジャンプに、日本勢も続いた。
今シーズン、ワールドカップ初優勝を飾った小林 潤志郎選手(26)。
着地が少し乱れたが、葛西選手を超える、101メートルのジャンプ。
そのほか、小林陵侑選手(21)、伊東大貴選手(32)も予選通過。
日本の出場全選手が、10日の決勝に駒を進めた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース