競争激化へ...ネット通販で提携検討

02/09 21:22
ネット通販で提携を検討。
ソフトバンクとヤフー、イオンが、インターネット通販での提携を検討していることがわかった。
ソフトバンクと子会社のヤフーは、すでにネット通販を展開していて、両社の顧客データと豊富な品ぞろえを持つ、小売り大手イオンの物流網を生かす狙いがあるものとみられる。
3社は、「協業について検討しているのは事実だが、現時点で決定した事柄はない」とのコメントを発表した。
ネット通販業界では、アメリカのアマゾンが勢力を拡大する中、楽天がアメリカの小売り大手・ウォルマートと提携して、ネットスーパーに参入するほか、セブン&アイ・ホールディングスも、通販大手のアスクルと生鮮食品の宅配を始めるなど、競争が激しくなっている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース