9日のNY市場 反発して取引開始

02/10 00:47
9日のニューヨーク株式市場は、反発して取引を開始した。
ニューヨーク株式市場は9日、取引開始直後から、買い注文が相次いだ。
ダウ工業株30種平均は、2万3,992ドル67セントで、取引を開始。
前の日の終値に比べ、一時300ドル以上値を上げている。
ダウ平均株価は8日、長期金利の上昇を受け、景気後退を懸念して、1,000ドル以上の値下がりとなった。
市場関係者は、「相場が落ち着くのに、1〜2カ月はかかる」との見通しを示している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース