米大統領最側近のケリー首席補佐官が辞意か

02/10 12:25
アメリカ・トランプ大統領の最側近であるケリー大統領首席補佐官が、関係者のDV(ドメスティックバイオレンス)問題で、辞意を漏らしたと伝えられた。
ケリー首席補佐官をめぐっては、ホワイトハウスの秘書官が、元妻へのDV疑惑で辞任した問題で、自身も疑惑を知りながら、黙認していたなどと報じられ、更迭説が出ていた。
こうした中、複数のアメリカメディアは9日、ケリー氏が辞任の意向を周囲に漏らしたと伝えた。
一方、トランプ大統領は9日、DV疑惑の秘書官について、「ホワイトハウスで非常に良い仕事をした」と、擁護するような発言をしていて、批判の声が上がっている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース