日本海側中心に大雪のおそれ 九州・四国でも積雪

02/12 11:39
強烈な寒気が、再び流れ込んでいる。先週、記録的な大雪に見舞われた北陸など日本海側を中心に、大雪に警戒が必要。
日本海側では、山形県や新潟県を中心に雪が強まっていて、山形・大蔵村の肘折では、午前11時の積雪が401cm。
11日夜から、新たに70cmほどの雪が積もった。
積雪が4メートルを超えたのは、全国でも4年ぶりになる。
また、普段あまり雪の降らない四国や九州でも、局地的にまとまった雪となり、市街地でも雪が積もっている。
高知市で最も深く積もったときの積雪は、2cm。
高知市で1cm以上の積雪となるのは、11年ぶりのこととなる。
このあと、13日にかけて、北陸や東北など日本海側を中心に、一気に雪が降り積もるおそれがある。
13日午前6時までに予想される降雪量は、北陸地方と東海地方で70cm、東北地方で60cmなどとなっていて、引き続き、大雪に警戒が必要となる。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース