スノボ鬼塚 19位で涙 平昌五輪4日目

02/12 19:03
平昌(ピョンチャン)オリンピック大会4日目。
スノーボード女子スロープスタイル決勝。
予選が中止となった11日に続き、強い風が吹くコンディションの中、19歳の鬼塚 雅選手にメダルの期待が集まった。
16歳で出場した世界選手権で、史上最年少優勝を果たし、今シーズンも絶好調。
転倒した1本目を教訓に挑んだ、この勝負の2本目。
しかし、またしても転倒。
風の影響をもろに受け、自らの滑りができなかった。
鬼塚選手は、まさかの19位に終わった。
鬼塚選手は、「ずっと来たかったオリンピックで、たくさん支えてくれた人たちがいる。自分の実力も出せないまま、終わってしまって、申し訳ないなと思ってます」と語った。
日本勢最上位に入ったのは、スノーボードクロスから転向した藤森由香選手(31)。
31歳のベテランが、4度目のオリンピックで、最高の笑顔を見せた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース