ロシア 墜落旅客機のブラックボックス回収

02/13 07:01
ロシア・モスクワ郊外で、11日に墜落した旅客機について、現地当局は、現場からブラックボックスを回収し、原因を調べている。
この事故は、11日にモスクワ郊外で、サラトフ航空の旅客機が墜落し、乗客・乗員71人全員が死亡したもの。
現地当局は12日、フライトデータレコーダーに続いて、ボイスレコーダーも回収したことを明らかにした。
離陸したあと、高度を上げた旅客機は、一度高度を下げ、再び高度を上げた直後に墜落したとみられるが、機長らから、異常を知らせる連絡などはなかった。
また機体が、地面に接触するまで、爆発などは起きておらず、当局が墜落原因を調べている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース