記録的大雪 山形で積雪4メートル超え

02/14 06:20
記録的な大雪になっている北日本や北陸地方では、13日も断続的に雪が降り続き、山形県内では多いところで、積雪が4m40cmに達した。
山形・大蔵村の肘折では、13日午後9時の積雪が445cmと、観測史上最も多くなった。
また、福井・大野市の九頭竜(くずりゅう)では、午前3時現在の積雪が289cmと、平年のおよそ3倍になっている。
雪のピークはいったん越えたが、14日は全国的に13日より気温が上がる見込みで、雪崩や落雪に注意が必要となる。
一方、この豪雪により客足が遠のくこの時期、山形の肘折温泉では、観光客を呼び込もうと、3メートル以上の積雪量に応じて温泉宿の宿泊料金を割り引く「ドカ雪割」というサービスを行っている。
宿泊する日の前日午後3時の積雪が415cm以上だと、料金が無料となる。
大蔵村観光協会の木村裕吉会長は、「1泊分が無料になるのは初めてなので、うれしいような、びっくりしている」と話した。
13日、その基準を超えたため、14日の宿泊客の料金は無料になるという。 (さくらんぼテレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース