モーグル銅・原 大智選手生出演

02/14 18:57
平昌(ピョンチャン)オリンピックで、今大会、日本に初メダルをもたらしたフリースタイルスキー・男子モーグルの原 大智選手(20)が「みんなのニュース」に生出演しました。

(今大会、日本チーム初、そして日本のモーグル男子史上初のメダル。試合の直後は、メダルをもらわないと実感がないと話していたが、実感は?)
やっと今、落ち着いて、すごく実感持ってます。
やっと銅メダリストになったと思っています。

(重み、あらためて感じますか?)
すごく重いです。

(あらためて大会を振り返って、どんな大会だった?)
オリンピック、4年に一度という大舞台、特別な舞台で楽しめたのが、すごくよかったなと思っています。

(その舞台で楽しめる感覚は、どこから来る?)
僕も初めての感覚だったので、なんでなったのか、全然わからなかったです。

(決勝の滑りは、とにかく上半身が全く動いていないように見えるが、下半身に自信あり?)
自信あります。

(あの安定した滑りを支えるのは、太ももですか?)
そうですね。
やっぱりパワーがなければ、力負けしてしまうので、パワーをつけて、けがもないようにしています。

(上半身も含めて相当...)
筋トレはしています。

(脱いだらすごいですか?)
堀島(行真)選手の方が、ゴツゴツ感があって、僕はどちらかというと、プロレスラー型のむちっとした筋肉です。

(原選手の目線カメラは、画面が動いていない感じだが、どこを見て滑っている?)
5コブくらい先を見ないと、体が追いついていかないので、5コブくらい先を見ています。

(体は5コブ先で、脳の中で分析しながら、足は自然に、今ある場所のコブに対応している?)
やることだけを意識して滑っている感じです。

(エアは、かなり努力して、大会に向けて改善した?)
オリンピック直前まで悩んでいましたし、それが一番のキーポイントだと思って練習していました。

(原選手は、中学卒業後、単身でカナダに留学。これは雪を求めて?)
やっぱり強くなりたくて。
カナダは強豪国だったので、カナダに行けば強くなると思って留学しました。

(苦労があったのでは?)
苦労しかなかったと思います。
言葉の壁だったり、文化の違いであったり、すごく苦労しました。

(つらかった分、今それが花開いていると)
やっと報われたと思いました。

(現在は現役大学生だが、練習中心の生活?)
後期は、全然行けてないです。

(14日はバレンタインデー。そっちの感じは?)
いっぱいもらいたいなと思います。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース