「北」タンカー、東シナ海でまた密輸か

02/15 06:23
政府は14日、東シナ海で、北朝鮮船籍のタンカーが積み荷を移し替える、いわゆる「瀬取り」の疑いのある事案を確認したと発表した。
海上自衛隊の哨戒機が、13日未明に撮影した写真では、北朝鮮船籍のタンカーと、中米のベリーズ船籍のタンカーが、横づけしているのが確認できる。
場所は、中国・上海の東およそ250kmの東シナ海の公海上。
外務省は、国連制裁決議で禁止された「瀬取り」と呼ばれる密輸を行っていた疑いが強いとみて、国連に通報した。
政府は、1月も同じような事案を確認している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース