進化型シェアオフィス 新しい働き方提案

04/06 01:47
需要が高まるシェアオフィス。ついに、こんな進化型も登場。

おしゃれなカフェふうのワークラウンジに、コンシェルジュが対応する受付。
通路を奥に進むと、そこには、ガラスで仕切られた、大小さまざまなオフィススペースが。

さまざまなオフィススペースがあるが、1人で利用できる場所も用意してある。

東京・赤坂の東京ミッドタウンに、三井不動産が来週9日にオープンする「ワークスタイリングFLEX」と名付けられた、法人向けのシェアオフィス。

完全個室のオフィススペースが、1日1席単位、1万3,000円から借りられるのをはじめ、仕切りの壁を取り払うことで、広さや人数の変更にも柔軟に、まさにフレキシブルに対応できる進化型シェアオフィス。

利用を検討している人は、「プロジェクトチームとしてのこもって集中してやるような部屋を(自分の会社で)なかなか取るのが難しいので。(チームの)人数が増えたりだとか、逆に減ったりだとか、柔軟なことができるのが、すごくいいなと思います」と語った。

利用者のターゲットは、最寄り駅の六本木を中心とした外資系企業やベンチャー企業。
海外企業の日本進出の拠点としてのニーズも想定しているという。

利用を検討している人は、「海外から、例えば協業でご相談というようなお話があったりする場合に、長くても半年ぐらいだったりするんですけども、そういう単位で借りられるのは非常にありがたい」と語った。

三井不動産ワークスタイル推進部・岡元隆徳氏は、「スタートアップも含めて、ビジネスの増えるというんですか、増殖するスピードがものすごい速いです。ビジネスのスピード感、それから多様性、それを、われわれはサービスとして可能にしたい」と語った。

ビジネスの多様化にともない、シェアオフィスの進化は、今後も続くとみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング