12日東京株前場 シリア情勢悪化懸念した売りと買い戻し交錯

04/12 11:59
12日午前の東京株式市場は、シリア情勢の悪化を懸念した、売りと買い戻しが交錯する展開となった。

日経平均株価は小幅続落し、午前の終値は、11日に比べ、7円03銭安い、2万1,680円07銭、TOPIX(東証株価指数)は、1,721.67だった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング