バス・タクシー免許緩和を検討 年齢制限引き下げ

04/13 00:32
バスやタクシーのドライバー不足に対応するため、運転に必要な第2種免許取得の年齢など、受験資格の緩和を検討することを警察庁が決めた。

タクシーの運転に必要な普通2種免許や、バスの運転に必要な大型2種免許を取るにあたり、これまで普通免許を取得し、3年経過していることや、21歳以上であることが受験資格となっていた。

しかし、社会の高齢化などで職業ドライバーも高齢化し、ドライバー不足を指摘する声も上がっていたため、警察庁は、受験資格の緩和を検討することを決めた。

警察庁は、4月25日に有識者を集めた検討会を開催し、今後6回ほど行って提言をまとめる方針。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング