TPP復帰検討を指示 トランプ大統領が政権幹部に

04/13 06:57
アメリカのトランプ大統領が、自ら離脱を宣言したTPP(環太平洋経済連携協定)への復帰を検討するよう、政権幹部に指示したことがわかった。

トランプ大統領は12日、議員らとの会合で、USTR(アメリカ通商代表部)のライトハイザー代表らに、TPP復帰を検討するよう指示した。

TPP離脱を目玉公約として酷評してきたトランプ大統領だけに、アメリカのメディアは早速、「驚きの政策転換だ」などと報じている。

TPPをめぐっては、日本など11カ国が3月、アメリカ抜きの新たな協定に署名している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング