スマートデイズ社長が陳謝 「深く申し訳ない気持ち」

04/15 01:38
シェアハウス投資「かぼちゃの馬車」を運営する「スマートデイズ」は、経営破綻後、初めて社長が記者会見を開き、陳謝した。

スマートデイズ・赤間健太社長は、「深く申し訳ない気持ちでいっぱいです。大変申し訳ございません」と謝罪した。

スマートデイズは、民事再生法の適用申請を受けて、14日までに2度、資金を出したオーナー向けに説明会を行ってきたが、賃料の支払いが停止しているオーナー側からは、破産手続きへの速やかな移行と、事実解明を求める声が相次いだ。

説明会終了後に記者会見したスマートデイズの赤間社長は、入居率が低く毎月赤字だった実態を明らかにしたうえで、経営責任を感じていると述べた。

また、外部の弁護士に依頼して、今回の問題の原因究明を進め、5月中旬をめどに調査を終える考えを示した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング