岸田氏、国会招致に前向きも... 枝野氏「証人喚問でなければ意味ない」

04/15 06:39
加計学園の獣医学部設置をめぐり、愛媛県の職員と面会し、「首相案件」と発言したとの文書が見つかった、当時の柳瀬首相秘書官について、自民党の岸田政調会長は、国会招致に前向きな考えを示した。

自民・岸田政調会長は、「事実を明らかにするためには、当事者がしっかり責任を果たさないといけない」と述べた。

岸田氏は、「国会で当事者の話を聞きたいという考え方は、当然あっていい」と指摘し、参考人招致か証人喚問かの形式については、委員会の判断に委ねる考えを示した。

これに対し、立憲民主党の枝野代表は、「文書という証拠書類と矛盾する証言について尋ねるのだから、証人喚問でなければ意味がない」と強調した。

こうした中、小泉元首相は、秋に予定される自民党総裁選での安倍首相の3選について、「難しい。信頼がなくなってきている」と述べた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング