トランプ氏、ロへの制裁発表へ シリア攻撃の成果あらためて強調

04/17 06:26
アメリカのトランプ大統領は16日、演説し、シリア攻撃の成果をあらためて強調した。
アサド政権の後ろ盾のロシアに対して、現在、追加制裁の検討を進めている。

トランプ大統領は「ミサイルを100発以上撃ったが、シリアは1つも撃ち落とせなかった。装備が機能していない」と述べた。

アメリカ側は、これまでアサド政権の化学兵器使用を阻止しなかった責任があるとして、ロシアへの独自制裁を、16日中に発表する方針を明らかにしている。

ホワイトハウスの報道官は「大統領は、引き続きロシアに厳しく対処する。いくつもの制裁を検討中だ」と説明した。

こうした中、OPCW(化学兵器禁止機関)の調査団がシリアを訪れ、アサド政権の高官と協議した。

ロシア側の説明によると、調査団は、化学兵器が使われたとされる、首都ダマスカス近郊の東グータ地区に、18日に入る見通しだが、証拠が見つかるかは不透明。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング