パワハラ疑惑 “水かけ姫”暴行容疑で捜査

04/17 14:15
大韓航空の女性専務が仕事相手に水をかけたとされる、いわゆる「水かけ姫」のパワハラ疑惑で、韓国の警察が、正式に捜査に乗り出した。

大韓航空の趙顕■(チョ・ヒョンミン、■は日へんに文)専務(34)は、3月、会議の場で、質問に答えられなかった広告代理店社員の顔に、コップの水をかけた疑いが持たれている。

韓国の警察は、会議の出席者から、「趙専務が飲み物をまいた」という証言を得たことから、暴行の容疑で正式に捜査すると発表した。

大韓航空は16日付で、趙専務を業務から外し、本社での待機を命じている。
警察は捜査の継続のため、趙専務を韓国から出国させないよう、韓国の司法当局に要請した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング