“AIロボ”が清掃 作業を省力化 商業施設で導入

04/17 18:43
汚れている場所も教えてくれる、自動清掃のAIロボットが登場。

三井不動産は、東京・江東区の大型複合施設「ダイバーシティ東京プラザ」に導入した自動清掃ロボットを公開した。
3Dカメラとレーダーで障害物を感知し、これまでロボットには難しいとされた、カーブのある場所での清掃にも対応できるという。

この掃除ロボットの大きな特徴の1つが、ごみ分布マップを作製できることで、ごみの多かった箇所は、赤く表示されている。

汚れのある場所を検知しての重点的な清掃で、作業の効率化が期待される。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング