線路脇の柵に複数の指紋 新潟小2女児殺害遺棄

05/13 12:07
新潟市で小学2年の大桃珠生ちゃん(7)が殺害され、線路上に遺棄された事件で、線路脇の柵から複数の指紋が検出されていることが、捜査関係者への取材でわかった。

珠生ちゃんは、5月7日午後10時半ごろ、新潟市のJR越後線の線路上で死亡しているのが見つかった。

現場には、線路と道路を隔てる鉄製の柵があるが、その後の調べで、この柵から複数の指紋が検出されていることが捜査関係者への取材でわかった。

遺体が見つかった時間帯は雨が降っていたが、指紋は水に流されず、残っていたという。

警察は、何者かが柵を乗り越えたり、くぐったりして、線路内に侵入して遺体を置いた可能性があるとみて捜査している。 (新潟総合テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング