中国初の国産空母が出港 試験航海へ

05/13 12:51
中国・大連で建造が進んでいた中国初の国産空母が13日朝、試験航海を開始した。

中国国営メディアによると、空母は日本時間13日午前8時ごろ、大連の港を離れ、試験航海を始めた。

中国にとっては、ウクライナから購入した船体を改造した「遼寧」に続く、2隻目の空母となるが、国産としては初めて。

「遼寧」は、初めての試験航海から、およそ1年後に就航したため、この国産空母も完成が近いとみられる。

国産空母の完成は、中国にとっては長年の悲願で、習近平政権が掲げる「海洋強国」の推進を誇示する狙いがある。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング