ゼロックスが富士フイルムとの合意破棄

05/14 13:43
アメリカの事務機器大手・ゼロックスは13日、富士フイルムホールディングスとの買収合意を破棄すると発表した。

ゼロックスの発表によると、富士フイルム側が、期限までに両社の合弁会社「富士ゼロックス」の監査済みの財務諸表を提出しなかったことなどから、合意を破棄したとしている。

ゼロックスの買収をめぐっては、2018年1月、富士フイルム側が、ゼロックス株の過半数を取得することなどで合意していたが、これについて、ゼロックスの「物言う」大株主らが、過小評価だとして反発し、裁判にまで発展していた。

ゼロックスは、「大株主らと和解し、代替案を検討する」としている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング