タミフル 10代への投与再開へ 問題行動との関係わからず

05/17 06:24
インフルエンザ治療薬「タミフル」について、厚生労働省の専門家会議は、原則、禁止されてきた10代の患者への投与を再開する方針を決めた。

タミフルをめぐっては、2007年、服用後の中学生がマンションから転落死するなどの事故が起き、厚労省は、原則、10代の患者への投与を禁止してきた。

しかし、16日の専門家会議では、問題行動とタミフルとの因果関係がわからず、ほかの治療薬と同様の扱いにしてもいいなどの意見がまとまり、10代への投与を再開する方針を決めた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング