京都・嵐山で落書き相次ぐ 多くは外国語

05/18 00:42
京都の観光名所・嵐山の竹林で、刃物で彫ったような落書きが、100件以上相次いでいることがわかった。

被害に遭ったのは、京都の観光名所・嵐山で、観光客に人気の「竹林の散策路」。
美しい竹に、刃物のようなもので文字が彫られている。

多くはアルファベットやハングルなど外国語で、竹林を管理する会社によると、2018年2月から増え始め、4月に入って急増しているという。

竹林管理者は、「怒りというよりも、悲しみの方が強いです」と話した。

竹林を所有する京都市によると、落書きを消す方法はなく、今後、対応策を検討するとしている。 (関西テレビ)

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング