トランプ氏「(米朝会談)一回限りのチャンス」 G7閉幕待たず出発

06/10 02:08
G7サミット(主要7カ国首脳会議)のため、カナダを訪れていたアメリカのトランプ大統領は、12日に開かれる米朝首脳会談について、「1回限りのチャンスだ」と述べ、北朝鮮の非核化の実現に意欲を示した。

トランプ大統領は9日、米朝首脳会談について、「これは、1回限りのチャンスだ。とてもうまくいくだろう」と述べたうえで、シンガポールに向かうことは、「平和のミッションだ」と強調し、非核化への期待感を示した。

トランプ大統領は、G7サミット閉幕を待たずにシンガポールに向け、出発した。

一方、アメリカとヨーロッパ各国との対立で、当初取りまとめが困難とみられていた貿易に関する首脳宣言について、サミット2日目の朝に、7カ国の首脳が急きょ集まって協議し、まとまる方向となった。

サミット閉幕までに公表される見通し。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング