「ひざ詰めで本音ぶつけ合った」サミット首脳宣言を採択

06/10 12:29
安倍首相は9日、カナダでのG7サミット(主要7カ国首脳会議)の閉幕を受けて記者会見し、貿易分野での首脳宣言が採択されたことを歓迎する意向を示した。

安倍首相は、「ひざ詰めで直接本音をぶつけ合い、こうした合意に至ることができた。首脳宣言として発出できることは、大きな意義があると考えています」と述べた。

採択された貿易に関する首脳宣言は、「自由・公正で、相互利益的な貿易は、成長と雇用のための重要な原動力」とされている。

安倍首相は、「今回のサミットは、見解が異なる局面が多く、難航した」と指摘したうえで、「わたしは、自由で公正なルールを堅持することを強調し、全ての国から理解を得ることができた」と述べ、首脳宣言の取りまとめに向け、自らが調整を行ったことを明らかにした。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング