米朝実務者が最終調整中 金正恩氏きょうは何を?

06/11 12:34
史上初の米朝首脳会談が、12日に迫った。
11日午前は、12日の会談に向け、米朝の実務者協議が行われている。

米朝の実務者協議が行われているホテルの前には、世界中のメディアが詰めかけていて、会談まで24時間を切る中、ギリギリの調整が続いているという緊張感が広がっている。

米朝の実務者協議は、日本時間11日午前11時から始まり、アメリカ側からソン・キム元駐韓大使、北朝鮮からは崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官やチェ・ガンイル北米副局長らが参加している。

いずれも、これまで水面下での交渉を続けてきた両サイドのキーパーソン。

焦点となる北朝鮮の非核化では、具体的な方法では隔たりがあり、この協議が、12日の会談結果に直結するラストチャンスの交渉と言える。

11日の両首脳のスケジュールだが、トランプ大統領は、シンガポールのリー首相と会談し、昼食をともにする予定。
一方で、金委員長の予定は、一切明らかになっていない。

金委員長が、12日午後の早い時間帯に現地を出発するという報道もあり、どういう日程となるのか注目されている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング