シャープがAI使いペット事業参入

06/12 01:19
シャープは、ペット関連事業に参入する。

第1弾の商品として、飼いネコの健康状態をスマートフォンでチェックできる、ネコ用のトイレ型モニターを、7月30日に発売する。

ネコの体重や、尿の回数、量などのデータをAIで分析し、異変があれば、飼い主のスマホのアプリに通知される。

開発者によると、ネコの寿命は1990年代に比べ、2倍以上の長さとなっていて、長寿化にともない、病気にかかるネコが増えているという。

業績の回復が進むシャープは、今後、ペット関連事業で2020年度に、売り上げ100億円規模まで拡大したいとしている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング