“拉致”議題に上がるか注視 日本政府

06/12 12:35
史上初の米朝首脳会談が実現した。
拉致問題解決に持ち込みたい日本政府の立場は。

米朝会談について、政府関係者は「読めないもの同士の会談だ」と指摘しているが、非核化については、大枠で合意するとの見通しを示している。

ただ政府内では、「非核化について、一度の会談でロードマップを示すことは困難」との見方が大勢を占めている。

そのため、会談が今後、複数回に及ぶ可能性や、実務者レベルでの協議に移行する可能性も視野に入れ、戦略を練ることにしている。

一方、拉致問題が会談で提起されれば、政府関係者は「日本は拉致問題の交渉に本格的に動き出す」と語っていて、年内の日朝首脳会談の開催に向けて、調整を本格化させる考え。

安倍首相は、米朝会談のあと、11日に続いてトランプ大統領と電話で会談する予定で、会談の詳細な内容について報告を受けることにしている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング