歴史的会談 韓国はどう見た “半島の運命”を左右

06/12 19:51
12日午後、米朝首脳会談を終えたアメリカのトランプ大統領が会見を行った。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、トランプ大統領の会見を受けて、このあと大統領府の報道官を通して自らの立場を発表する予定。

韓国メディアは速報で、米朝が4つの項目で合意したと報じた。

しかし、多くのメディアが、共同声明の中で、CVID(完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)が含まれていないことを指摘し、「未完の合意文にとどまった」などと否定的な論調が目立つ。

さらに、韓国政府が強い期待を寄せてきた、朝鮮戦争の終戦宣言は出されなかった。

2018年4月、南北で合意した板門店(パンムンジョム)宣言では、年内の終戦宣言を目指すとしているため、韓国としては、いったん仕切り直し、今後あらためて米朝への働きかけを強めていくとみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング