米メディア「新味欠いている」 合意あいまいと批判

06/12 20:00
12日午後、米朝首脳会談を終えたアメリカのトランプ大統領が会見を行った。各国は、この様子をどのように報じたのか。
アメリカの主要メディアは、会談結果を大々的に報じているが、新味を欠いているなどと、早くも批判モード。

トップダウン外交の成果をアピールしたトランプ大統領だったが、会談結果を受けて、アメリカメディアは、「記念となる出来事だが、合意内容が非常にあいまいだ。会談は予定調和だった」などと批判している。

また、「共同声明は実質的に意味がない」、「今後のプロセスが前途多難だ」との見方を示している。

あるアメリカ政府関係者も、「非核化の具体的な検証方法が合意できなければ、北朝鮮の思うつぼだ」と指摘していて、実質的内容がともなわないことを危惧している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング