拉致でトランプ氏に敬意 首相“北”との解決に意欲

06/12 20:38
安倍首相は、今回の米朝首脳会談を受けて、記者団の取材に応じ、拉致問題を提起したトランプ大統領に敬意を表明したうえで、北朝鮮と拉致問題の解決に努める考えをあらためて示した。

安倍首相は「トランプ大統領のリーダーシップと努力に対し、心から敬意を表したい。もちろん拉致問題については、日本が直接、北朝鮮と向き合い、2国間で解決しないといけないと決意している」と述べた。

安倍首相は、今回の合意について、「北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けた第一歩だ」と指摘したうえで、トランプ氏が拉致問題を提起したことについて、「高く評価する。感謝したい」と語った。

また、安倍首相は今後、トランプ氏と電話で会談し、詳細について話を聞く意向を示した。

さらに安倍首相は、拉致問題の解決について、「2国間で解決しなければならないと決意している。日本として、この問題に全力を尽くす」と強調した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング