東京五輪2020年祝日移動 狙いは渋滞緩和

06/13 16:03
2020年の東京オリンピックに合わせて、3つの祝日を移動し、「体育の日」を「スポーツの日」に変更するなどとした法律が、13日の参議院本会議で可決・成立した。

13日、成立した法律は、2020年に限り、海の日を東京オリンピックの開会式前日の7月23日に、体育の日を開会式当日の24日に移動し、山の日を閉会式翌日の8月10日に移すもの。

これにより、選手団や要人の往来が激しい開会式の前後を4連休、閉会式の前後を3連休とし、都心の交通渋滞緩和と警備環境の整備を図る狙いがある。

また、2020年から「体育の日」の名前を「スポーツの日」に変更し、「国民体育大会(国体)」を2023年から「国民スポーツ大会」に改めることになった。

一方、この本会議ではアメリカを除く11カ国で署名した、いわゆる「TPP11」が与党などの賛成多数で可決し、承認された。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング