13日NY株式市場 続落して取引終える

06/14 09:05
13日のニューヨーク株式市場は、続落して取引を終えた。

13日は、アメリカのFRB(連邦準備制度理事会)が、3カ月ぶりに、政策金利を0.25%引き上げると決定したことで、金利上昇が企業収益や家計を圧迫するとの懸念が広がり、売りが進んだ。

結局、ダウ工業株30種平均は、前の日の終値より、119ドル53セント安い、2万5,201ドル20セントと続落した。

ナスダック総合指数は、7,695.70と、4営業日ぶりに反落した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング