文化庁「メディア芸術祭受賞作品展」開催

06/14 14:22
メディア芸術の“時代(いま)”を映す芸術祭が開催されている。

文化庁が開催する「メディア芸術祭受賞作品展」は、アート・エンターテインメント・アニメーション・マンガの4部門に応募された中から、審査員が選んだ「高い芸術性と創造性」を持つ作品が紹介されるもの。

21回目を迎えた今回は、過去最多となる98の国と地域から4,192の応募があり、厳選された作品が、貴重な関連資料などとともに展示されている。

文化庁メディア芸術祭事務局・ディレクター 脇本厚司さんは「どういう表現が新しくて、その表現の素晴らしい部分はどこなのか、若い方からお年を召された方まで、広く見に来ていただければ」と話した。

作品展は、国立新美術館を中心に、24日まで開催される。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング