安倍首相×金正恩委員長 いつ実現?

06/14 20:22
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が、米朝首脳会談で、安倍首相と会う用意があると発言していたことが明らかになりまりました。
日朝首脳会談の実現性の可能性や拉致問題解決のシナリオについて、政治部・鹿嶋豪心記者に聞きました。

(日朝首脳会談の実現性は?)
政府は、金委員長が日朝首脳会談の開催に前向きな言及をしたことで、年内の開催を目指して、調整をさらに加速させる考え。

政府は、米朝首脳会談で、金委員長が「安倍首相と会う用意がある」と言及したことで、北朝鮮には、日本と対話する明確な意思があると分析している。

米朝会談で醸成された融和ムードがあるうちに、日朝首脳会談への道筋をつけたい考えで、会談を行う際の前提条件など、金委員長の真意を見極めるため、複数のルートを使った水面下の接触を加速させている。

(拉致問題解決のシナリオは?)
安倍首相はこれまで、「拉致問題の解決なくして経済支援はあり得ない」との立場を崩していない。

ただ、政府内には、こうした立場を前面に出しすぎると、北朝鮮が拉致問題は解決済みとの従来の立場を再び主張しかねないと懸念する声がある。

このため、政府内では今後、非核化が具体的に進み、制裁解除が進めば、日本として積極的に経済支援を行う用意があることを伝え、その中で、拉致問題も同時に提起していくというシナリオも検討されている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング