河野外相 “北”との直接交渉に意欲

06/14 20:58
今回の3カ国外相会談などを終えた河野外相は、米朝首脳会談を行ったアメリカの対応を評価する考えを表明した。

河野外相は「トランプ大統領のリーダーシップ、ポンペオ長官のハードワークに感謝を申し上げた」、「日米韓の中で、理解を共有しているということ」と述べた。

河野外相は、日米韓の外相会談などで、ポンペオ長官から米朝首脳会談の説明を受けたことを明らかにしたうえで、その対応を評価する考えを示した。

一方、拉致問題については、北朝鮮との直接交渉に意欲を示した。

河野外相は、「日本側は、北朝鮮と拉致問題を含む、さまざまな懸案事項を話し合う用意があるということを申し上げた」と述べた。

日本政府は、年内の日朝首脳会談の開催に向け、今後、北朝鮮との調整を加速させる見通し。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング