今夜もまた「ゆっくりすべり」地震 千葉で相次ぐ

06/15 00:13
「ゆっくりすべり」に連動したとみられる地震が、千葉県内で相次いでいる。

政府の地震調査委員会は、房総半島の東方沖で6月初めにプレート境界の岩盤が、およそ6.5cm滑り動いたと発表している。

この「ゆっくりすべり」に連動したとみられる地震が、千葉県内で相次いでいて、14日だけで、勝浦市などで震度2の地震が2回、午後7時すぎにいすみ市などで震度3の地震などが発生している。

東大地震研の平田 直教授は、今後1週間程度は地震に備えるよう、注意を呼びかけている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング