トルコ大統領選 接戦の可能性も

06/24 12:22
トルコで24日、大統領選挙が行われる。
強権を敷いてきたエルドアン大統領が再選するかが焦点だが、接戦にもつれ込む可能性がある。

最大野党の候補者の集会には、エルドアン政権に反対する多くの有権者が集まっていた。

6月20日の野党候補の集会には、数百人が参加し、エルドアン大統領による言論への締めつけを批判した。

こうした不満の声は大きくなっていて、エルドアン大統領は、選挙戦で優位ではあるものの、支持は45%程度にとどまり、当選に必要な過半数に届いていない。

50年間、風刺画を描いてきた漫画家の男性は、エルドアン大統領を皮肉交じりに描いたことが侮辱罪にあたるとして、6月に逮捕された。

漫画家、ヌーリ・クルドジェベさんさん(69)は「他人の表現を制限するなら、そこに表現の自由はない」、「現大統領が再選したら、トルコは終焉(しゅうえん)を迎える」などと話した。

日本時間24日午後に投票が始まる大統領選で、誰も過半数を得なかった場合は、2週間後、上位2人の決選投票が行われ、エルドアン大統領が接戦を強いられる可能性が高くなる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング