米中、25%追加関税 世界経済にも影響

07/06 06:56
貿易摩擦が激化するアメリカと中国は6日、双方からの輸入品に25%の追加関税を課す制裁措置を発動する見通しとなり、世界経済への影響が懸念される。

アメリカのトランプ政権は、日本時間6日午後、知的財産の侵害などを理由に、中国からの輸入品に25%の関税を上乗せする制裁を発動する見通し。

制裁の第1弾は、自動車や産業機械など340億ドル相当、日本円でおよそ3兆7,600億円で、中国も同じ規模で、大豆などの農産品や自動車などの品目について直ちに報復措置に踏み切る方針。

中国商務省報道官は、「中国側は、決して先手を打たないが、アメリカが租税措置を実施すれば、やむを得ず反撃する」と述べた。

両国は今後、さらに160億ドル相当について追加制裁を繰り出す構えを見せていて、日本の経済界も、その動向に注目している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング