大雨特別警報 土砂災害、河川の増水などに最大級の警戒を

07/07 11:30
岡山県、鳥取県、兵庫県及び京都府には、引き続き、大雨特別警報が発表されている。

重大な災害がすでに発生していてもおかしくない状況なので、土砂災害、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水に最大級の警戒が必要となる。

前線が、西日本から東日本に停滞している。

前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、大気の状態が非常に不安定となり、前線活動が活発な状況が続いている。

このため、西日本を中心に記録的な大雨となり、7日午前11時40分に高知・香南市付近でレーダーによる解析で、1時間に120mm以上の猛烈な雨が降ったとして、高知地方気象台は記録的短時間大雨情報を発表した。

また、24時間に降った雨の量は、高知・本山町で602mm、福岡・添田町で392.5mm、愛媛・西予市宇和で347mmに達するなど、各地で観測史上最も多い記録を更新している。

西日本と東日本では、広い範囲で土砂災害や洪水の危険度が高まっており、土砂災害や河川の氾濫が発生しているところがある。

西日本から北日本では、8日にかけて断続的に雷をともなった激しい雨が降り、7日は西日本や東日本で局地的に、1時間に50mm以上の非常に激しい雨が降るおそれがある。

8日午後0時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、東海地方、九州南部250mm、北陸地方、四国地方200mm、近畿地方、九州北部地方150mm、北海道地方120mm、東北地方、関東甲信地方100mm、中国地方80mm、その後9日午後0時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで四国地方、九州北部地方50から100mm、北海道地方、北陸地方、近畿地方およそ50mmの見込み。

気象庁は、特別警報を発表していない地域も含めて、土砂災害、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水に厳重に警戒するよう呼びかけている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング