8日朝にかけて各地で大雨警戒続く...東海地方で200mm降雨予想も

07/07 22:21
活発化した梅雨前線の影響により、西日本や東日本では8日朝にかけて引き続き大雨に警戒が必要となる。
梅雨前線が西日本から北日本にかけて停滞し、秋田沖を前線上の低気圧が北東に進んでいる。
前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、大気の状態が非常に不安定となり、前線活動が活発な状況が続く。
九州から東海地方にかけて広い範囲で記録的な大雨となって、各地で土砂災害や河川の氾濫が発生している。
岐阜県には、大雨特別警報が発表されている。
西日本と東日本では、これまでの大雨に加えて、さらに夜遅くにかけて1時間に50mm以上の非常に激しい雨が降るおそれがある。

8日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで、東海地方で200mm、北陸地方、四国地方、九州南部で150mm、近畿地方で120mm、北海道地方、九州北部地方100mmの見込み。

これまでの大雨により、すでに地盤が緩んでいるところもあり、今後わずかな雨でも土砂災害などが発生しやすい状態となっている。
このため、気象庁は、8日朝にかけて土砂災害、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水に最大級の警戒を呼びかけている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング