泥水に襲われた街は... 愛媛・西予市 記録的豪雨被害

07/08 18:20
西日本を中心とした大雨により、各地で被害が出ている。

河川が氾濫した、愛媛県南西部にある高知県との県境付近、西予市野村町では、8日午後5時半すぎ現在、雨はやんでいて、日差しが照りつけてきた。

町内を流れる肱川は、茶色く濁っていて、激しい流れをまだ見せている。

西予市野村町では、7日の朝、町の中心を流れる肱川が氾濫した。

水位は、住宅の2階の高さまで上がり、この地区だけで濁流に流されて、5人が死亡した。

一夜明けて、住民は散乱した家具や、入り込んだ泥の掃き出しなど、片づけに追われている。

被災した住民は、「(どのあたりまで水位が?)あれ。(線が入っているところ?)あのへん、わかりやすいですね。(高さでいうと3メートルくらい?)そうですね。物がぷかぷか浮かんだ状態で避難した」と話した。

愛媛県では、これまでに19人が死亡、8人の安否がいまだわかっておらず、被害の爪痕が、各地に大きく残っている。

(テレビ愛媛) (テレビ愛媛)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング