通勤ラッシュの緩和へ 「時差Biz」約740社が参加

07/09 15:45
出勤時間をずらして通勤ラッシュの緩和を目指す「時差Biz」が、2018年も始まった。

このキャンペーンは、東京都が企業などと連携して、2017年から行っているもので、2018年は、およそ740社が参加する。

小池東京都知事は9日朝、地下鉄の駅を訪れ、参加企業が早めに出勤する人にゼリー飲料を無料で配る様子を視察した。

小池知事は「あの手この手で、ハードもソフトも両面で進めていくということが、快適通勤につながっていくのではないかと」と話した。

早朝出勤した人に、参加企業からクーポンやポイントが提供される取り組みもあり、この店舗では、セットメニューのドリンクサイズが無料で大きいものに変えられる。

都は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでの混雑緩和につなげたい考え。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング