国内初 戸籍上「男性」でも受け入れへ お茶の水女子大

07/10 12:00
お茶の水女子大学は、戸籍上は「男性」でも、自分の性別を「女性」と認識しているトランスジェンダーの学生を、2020年度から受け入れると発表した。

お茶の水女子大学によると、過去にトランスジェンダーの学生から、入学についての問い合わせがあり、これまで受け入れについて議論してきたという。

大学では、2020年度から全ての学部で受け入れる予定で、今後、出願時の判断基準やトイレなどの施設について検討する方針。

女子大が、トランスジェンダーの学生の受け入れを表明するのは、国内で初めて。

3年生は、「いろいろな人に門戸が開かれるのは、いいんじゃないかなって思いました」と話し、4年生は、「あまり実感はわかないですね。実際来るってなると」と話していた。

トランスジェンダーの学生の受け入れをめぐっては、このほかに、日本女子大学や東京女子大学、津田塾大学が検討中となっている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング