死者160人、不明60人に 西日本豪雨

07/10 19:42
西日本の豪雨による死者の数は、これまでに160人にのぼり、安否不明者は60人となっている。

この時間も、川の氾濫による避難指示が出ている広島・安芸郡府中町。

川は今、落ち着いている。
穏やかにも見える。

あの豪雨から5日目。
8日、9日と、非常に天気がよかった広島県。

豪雨の時、特に大きな被害は、府中町はなかった。
しかし、雨の降っていない10日昼になって、突然、サイレンが鳴り始めた。

「川が氾濫する、逃げてください、避難をしてください」という呼びかけが何度もあった。
サイレンが何度も鳴った。

住人に話を聞くと「なんでこのタイミングで鳴ったんだろう」、「今鳴らなくてもいいじゃないか」など、不安を抱えた人が多くいた。

しかし、皆さんは、それでも力を合わせて、泥を撤去して、近所の皆さんで力を合わせて、復旧に乗り出した。

一方、10日に取材に行った栄町。
ここも泥が堆積していた。

人海戦術によって、泥は全てきれいにはけた。
ただ、その反対側に目を転じてみると、まだ激しい濁流、その前には、がれきが積まれていて、車が乗っていた。

そこの住人は、「本当にここは安全な場所なんだろうか」、「本当に安全なんだろうか」と話していた。

あの豪雨から5日目。
一部では、日常を取り戻した生活がある。

しかし、心のどこかで不安を抱えている。
そんな時間が流れている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング