11日東京株終値 大幅反落、下げ幅一時450円超える

07/11 16:15
11日の日経平均株価、下げ幅は一時450円を超えるなど、大きく反落した。

11日の東京株式市場は、アメリカが中国に対する追加関税の上乗せを9月にも発動する方針を示したため、米中貿易摩擦を警戒する売り注文が先行し、日経平均株価は大幅に反落し、2万2,000円台を割り込んだ。

終値は、10日に比べ、264円68銭低い、2万1,932円21銭だった。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング